不眠と気付きにくい症状も | 不眠症の方におすすめ。通販サイトで睡眠薬を手に入れましょう
menu

不眠と気付きにくい症状も

オレンジのカプセル

不眠症と一口にいっても、その症状のあらわれ方は人によってかなり違います。
睡眠がうまくいかない状態、といっても種類が様々にあります。
たとえばなかなか寝付けない入眠障害が不眠症の主な症状のように思われがちですが、中途覚醒といった症状も不眠症の症状のうちに数えられます。
というように、不眠症には一見そうとわからないものも含まれているのです。
このぺージでは、不眠症とは判断しづらい症状についてお話していきます。
不眠症と一見わからない、不眠症の症状の特徴は「ちゃんと寝た」という自覚があることです。
確かに眠ったはずなのに、疲れが取れていない……そうした症状が出ることがあります。それも立派な不眠症なのです。
たとえば眠ったはいいが朝早くに目覚めてしまうという方がいます。これは単なる早起きなだけのように思われがちですが、立派な不眠症である可能性があるのです。
こういった症状を早朝覚醒といいます。そのままですね。この症状の怖いところは不眠症だとは気づきにくいところです。
また、眠っても浅い眠りが朝までずっと続くという方もいます。これは熟眠障害という名前の症状です。
以上の二つは睡眠に異常があるということを自覚しづらく、しかしたしかに疲労感を蓄積していくので厄介であるといえます。
このような状態が慢性化してきたらどうすればいいか、睡眠状態の質を高めるきっかけとして、睡眠薬は有効です。
早朝覚醒も熟眠障害も、興奮やイライラが原因であると思われます。
睡眠薬のなかでもメラトニンやタガラなどを服用することをおすすめします。可能であれば眠る30分前に飲むようにしましょう。